ドッグフードについて考えてみよう

  • ドッグフードについて考えてみよう

    • ペット愛好家の間では、愛犬や愛猫にどんなフードを与えているかということで時々話題に上ります。
      特に日本人は、昔から犬と共に暮らしてきましたが、それは今も変わりはありません。


      最近はさらに愛犬家も増え、家族同然に扱われているペットも多いのです。

      ですから愛犬に与えるドッグフードやおやつにも、こだわりを持っている人が多いようです。
      例えば、ドッグフードは国産品は当たり前で、海外からの輸入ドッグフードであれば信頼の置ける有名なフードしか与えないのです。

      中には原材料すべてにおいて、無農薬野菜や国産肉を使用したフードを選んで与えている人もいます。
      しかし、数あるドッグフードの中にも、犬に与えると大変食いつきのよいものがあります。
      値段も安いのによく食べるのであれば、そのフードがよいと思いがちですが実はそうではありません。

      食いつきがよいのはフードに犬の好む香料や味付けがしてあるだけで、内容はあまり良くないものがあるようです。
      犬のフンを見れば、よいフードを食べている犬とそうでない犬のフンを比べた場合、一目瞭然なのです。


      品質の良いフードは高価なものかもしれません。

      しかし後々犬の将来を考えると、犬にもよいフードを与えることが必要なのかもしれません。少しでも長く家族と一緒に過ごす時間を作るのであれば、犬にとっても人間と同じように、食事にも気をつけてあげなければならないのではないでしょうか。それが犬にとってもよいことなのです。
      ドッグフードには、商品によって様々な材料が含まれていますが、主にどのようなことに気を付けて選ぶのが良いのでしょうか。


      まずペットフードには、公正取引協議会の規定により、使用している原材料の多いものから80%までのものを表記するという義務があります。


      そこをチェックすることが、良いドッグフードを選ぶ基準になると言えるでしょう。

      犬は、基本的に肉食動物です。

      そのことからも、原材料のトップが肉であることが一番望ましいと言えます。
      鶏肉やラム肉、馬肉、鹿肉、鴨肉、七面鳥などの肉の他に、魚や卵など、動物性タンパク質が一番多く摂れる材料が理想的です。
      また、これらのように肉の種類がはっきりと明記されているものが望ましく、○○ミールや○○肉粉、乾燥○○、ドライ○○といった表記のものは、何の肉なのかはっきりわからないので、あまり好ましくありません。


      また、犬は穀物や植物性タンパク質が苦手です。

      トウモロコシや大豆、小麦など、これら穀物に含まれるデンプンを消化する酵素を犬は持っていないため、内蔵に負担がかかってしまうのです。

      しかし、アレルギーやダイエットなど、特別な用途のために作られているドッグフードには、上位の主原料が穀物や野菜であるものもあります。
      また、原材料の種類が多いほど、たくさんの栄養素が摂れる可能性が大きいと言えます。
      パッケージにもポイントがあり、酸化防止のためのアルミ包装のものがより望ましいでしょう。

      バスタオルに関しての情報が閲覧できます。

      これからはおすすめの敏感肌クリームについて考えます。

      保安用品に関する疑問にお答えします。

      一流のコーヒーメーカーが気になる方はこちらへご来訪下さい。

      レギュラーコーヒーの様々な相談を受けることができます。

      http://tsite.jp/pc/r/al/list.pl

      http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8062927.html

      http://okwave.jp/qa/q6776856.html

  • 関連リンク

    • ドッグフードはいろいろなものがあります。固形タイプやツナ状になっているものなどがあります。...

    • 家族の一員である犬を飼う場合、長生きをして貰いたいものです。そのためには散歩や環境なども大事ですが、一番重要なのはドッグフードなどの食事になります。...